« 『これが最後かもしれない』という意識 | トップページ | 心の奥の奥の奥 »

2011年10月28日 (金)

痛みを伴う成長

今年度、最高の仲間と担任の先生に囲まれて

自分が望んでいた通りのクラスに入って大喜びだったゆぅ。



が、2学期に入った辺りから登校するとき

思いっきり下を向いてトボトボ歩いていく姿を見るようになって

どうしたのかなぁ?

体操と学校の両立が辛いのかなぁ?

何か嫌な事でもあったのかなぁ?

と、思っていたら昨日原因がわかった。 

少し前に仲のいい友達が

体操で鍛えられたゴツゴツのゆぅの筋肉について

冗談でからかうようになった時、

本当は筋肉の事を言われるのは一番嫌な事だと、なかなか伝えられずに

毎晩一人で号泣していた事があったけど、

それはちゃんと友達に伝えられて解決した。



他に何かあるのかなぁと思っていたら

昨日ゆぅがボソッと私に言ってきた。

「学校へ行くのが怖い。教室に入るのが怖い」



怖いって????!!!

何事かと思ったけど、

どうやらクラスのみんなと自分との間に

大きな温度差があるらしい。

たぶん、超まじめでふざけるのが好きじゃないとか

少し冷めた性格だとか

他人の意見を聞き入れない超頑固な性格だとか

優等生を保ってるけど本当はしんどいとか

普段体操教室で中学生とずっと一緒に過ごしていて

その影響で精神年齢が先に上がってしまったとか

そういう所に原因があると思う。


でも学校が怖いのは、友達が嫌、クラスが嫌とかではなく

みんなの中で素直に笑えない自分が嫌らしい。

いつも外側からみんなを見て、

みんなに合わせて無理に楽しい振りをして

必死にがんばって笑う自分が嫌で

「今日も一日無理して笑わなくちゃ」と思うと

学校が怖くて、教室に入るときも

「よし・・・がんばろう・・・」

と一呼吸置かないと入れないらしい。




なんてことだ。

ゆぅは毎日相当心で戦っているっぽい。




でも私は実は学校が怖い理由を聞いて安心した。

ゆぅがそんな自分が嫌で嫌でしょうがないというのは

自分が変わろうとしているから。

本当は素直に回りの人の気持ちを受け入れたいと思っているから。

でもそれを認めるのが怖かったり、

自分が変わるのが怖かったり、

自分に悪いところがある事を認めるのが怖かったり、、、、

そういう事だと思う。



大丈夫。

ゆぅは必ず成長する。

心の成長は痛みを伴う。

今苦しいのは成長するため。

乗り越えたらゆぅは進化してるよ。

まず第一歩の

「今の自分の気持ちを人(ママ)に打ち明ける」

ができたじゃない。

この次にする事を一緒に考えよう。



ママの記憶によるとママはそれと同じ成長痛を

中2の時に味わったよ。



そうだなぁ。

真面目すぎてバカになれない自分をまずは変えてみようか?

よし。

まずは「ちょっと悪い事」をしてみよう。

学校に禁止されてる漫画やトランプでも持っていってみる?

それとも校区外のイオンに友達と遊びに行ってみる?

登校する時こっそり飴でも食べていく?

ママに内緒でこっそりママの口紅付けてみる?(あ、これは古いか。)


でもアレだよ。先生にはバレないようにね!



今しか悩めない事は今のうちに思いっきり悩んで

八つ当たりでいいから、もがいて泣いて暴れて甘えて

いろんな自分を出してごらん。



で、最後は難しいけどママは解決策をしっている。

誰かと話をする時、意見が違った時、

自分の心を相手の体に入れてみる。

相手の体に自分の心を放り込んでそこから自分をみてごらん。

で、まずは相手になりきってごらん。

「自分ならどうする」ではなく

「相手ならどうする」を考えるんだよ。

その子の性格特徴を考えて。

で、その子の中から目の前にいる自分をみてごらん。

目の前の自分はなんて言ってる?

心を入れたその体はどう思ってる?

この二人の意見はどこがすれ違ってる?

どこまでなら譲り合える?




本気で相手の気持ちを考えるなら

「自分ならこうするからきっと相手も同じだ」

という考えは間違ってるからね。

「その子ならどう考えるだろう?」

を相手側に立って考えないと。



ちなみにママはこの方法で人の気持ちを考えられるようになるのに

2年はかかったなぁ。

今でもまだまだ足りないけどね。



ゆぅが優等生をやめて自分の殻を壊して、ちょっと悪い事をしてみたり

人の意見が聞き入れられる優しい人になれたりしたら

将来の夢が叶うと思うよ。

「子供の気持ちのわかる小学校の先生」になりたいんでしょ!

がんばれぇぇぇぇぇ!

« 『これが最後かもしれない』という意識 | トップページ | 心の奥の奥の奥 »

心育て」カテゴリの記事

コメント

ゆぅちゃん がんばってますね。
お母さんに話せただけで 立派!

確かに、
他人に合わせたり、背伸びをすることで、
いろんな自分を発見するのも大事ですよね。

でも、そのままでいいんじゃないかなぁ。

I love you because you are you.

お久しぶりです
来訪、コメントありがとうございます!
そうですよね、いろんな自分ひっくるめてそのままでいいんですよね!
11歳になって色々考えるようになって・・・
この先どんな風に成長するのか、どんな人生を過ごすのか
楽しみにしながら見守ろうと思いますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1422536/42723029

この記事へのトラックバック一覧です: 痛みを伴う成長:

« 『これが最後かもしれない』という意識 | トップページ | 心の奥の奥の奥 »